防犯対策はプロに頼もう|優良警備会社を見つけよう

男の人

自宅でも安全を確保したい

ガードマン

安全はお金で買えます

毎日のように空き巣だったりがニュースで流れているご時世です。カギを2重にしていても空き巣に入られているケースはたくさんあります。安らぎの場である自宅くらいはいつも安全な状態に保ちたいものです。防犯をするためにはCMなどでもよく流れている警備会社にお願いするのが一番安全です。警備会社には警備サービスとセキュリティー機器の設置の2つから選んでいきます。サービスの方は常駐警備から巡回警備までありますが、基本的に企業や一部の富豪の方が了するサービスです。一般家庭ではセキュリティー機器の設置が一般的です。種類も豊富にあり、監視カメラシステムや外出時セット、火災報知器、緊急時通報カードなど様々です。これらのサービスを受ける際はコースを選ぶ形となっていまして、価格の安いコースから高いコースまであります。また、買取とレンタルでも価格は変わってきますので、注意が必要です。安いものも確かにありますが安全を買うので、一般的なコースをお勧めします。金額は大手警備会社で年間10万円〜15万円ほどとなります。また、上記でも記しましたが買取とレンタルで金額が倍以上違ってきます。警備会社もよって費用は異なりますが、ほとんどの警備会社の場合、初期費用ですと買取の場合が約30万円(機器購入、設置費用、月額料金)に対してレンタルですと10万円ほどで借りることが可能です。しかし、5年10年と先を見据えた場合は買取の方が安くなります。先に警備会社から機器は購入していますので2年目以降は月額料金のみで済むためです。レンタルの方は当然機器のレンタル費用も月額料金に加わるため、長期を考えるのであれば買取の方がお得になるのです。